新しいRanorex サポートポータルへようこそ

データ駆動型テスト

データ駆動型テストでは、テストコンテナ(テストケース/スマートフォルダ)が、Excel のスプレッドシートやデータベー スファイルなどのデータソースから入力値を取得します。テストコンテナは、データソースのデータ行ごとに自動的に繰り返されます。

データ駆動型テストの主要な構成要素は、変数、データソース、そしてデータバインディングです。次の章では、これらを組み合わせてデータ駆動型テストを構築する方法を学びます。サンプルの解答と、それに付随する手順が、このプロセスの手引きとなります。

パラメータは、データ駆動型テストのもうひとつの要素である。これらはモジュールの再利用性を高め、ある記録モジュールから別の記録モジュールへ変数値を渡すことを可能にする。

データ駆動型テストでは、条件を使ってテストの実行をさらに制御することもできます。このため、このトピックはデータ駆動型テストの章の最後で説明します。

この章の構成

ヘルプセンター・ウェビナー

オンデマンド・ウェビナーを見る

データ駆動型テストをマスターする:ビデオによる説明をご希望の方は、オンデマンド・ウェビナーもご覧ください。変数を設定し、データソースにリンクする方法を学びます。また、データバインディングによって変数をデータ項目に接続する方法、条件によって実行を制御する方法、モジュール境界を通過してテストケース間で値を渡す方法についても学びます。

サンプル ソリューションのダウンロード


条件」の章を除いて、このセクションの各章は、Ranorex Studio でデータドリブンテストを構築するための個別の部分に特化しており、必要なステップバイステップの手順が含まれています。これらの手順を実践するには、以下に示すサンプルソリューションを使用してください。用意されたテスト・スイートと必要なモジュールが付属しています。

また、「⇢データ駆動型テストの実行」の章には、完成したサンプルソリューションもあります。これには、各章のすべてのステップが完了した後の完成したプロジェクトが含まれています。リファレンスとして使用できます。

ダウンロード

サンプル ソリューション


テーマデータドリブンテスト入門
時間:30分

インストール:

  1. 任意のフォルダーに解凍します。

  2. を起動し、RxDatabase.rxsln を開きます。 RxSampleDataDrivenTesting.rxsln

データ駆動型テストのプロセス


データ・ドリブン・テストがどのように機能するのか、その概要を簡単に説明しよう:

テストケースには、テストを構成する記録モジュールが含まれます。記録モジュールには、テストの実行中に実行されるアクションと、そのアクションが実行されるリポジトリ項目が含まれます。

これらのアクションやリポジトリアイテムは変数にすることができ、テストデータを提供する外部データソースに バインドすることができます。テストの実行中、これらの変数にはデータソースからの値が入力されます。したがって、これは「データ駆動型」テストです。

他のアクションと同様に、バリデーションも変数にすることができる。これにより、データ駆動テスト中に入力されたテストデータが AUT 内で正しい結果を生成するかどうか、つまり実際の結果が期待される結果と一致するかどうかを検証することができます。これはオプションですが、非常に便利です。以下の章で構築するサンプルソリューションには、テスト駆動型の検証が含まれています。

推奨される知識


この章の例を最大限に活用するために、以下の資料の基本的な理解をお勧めします:

ダウンロード

デフォルトのファイル名は、元のレポート ファイル名と同じです。ファイル拡張⼦は


この章に従うには、Ranorex 基礎編、特に以下の章についての知識が必要である:

USERS LOVE US

ニュースレターを購読する

テスト自動化の最新情報をメールでお届けします。

フォローする

© 2024 Ranorex GmbH. All Rights Reserved